はじめに

PC の CPU、HDD 温度、各種電圧、FAN 回転数等をモニタするには、BIOS の
PC Health 画面等で確認する方法がありますが、現実的ではありません。

稼動している OS 上からハードウェアをモニタする場合、
ハードウェア・モニタリング・ソフトが必要になります。また、モニタする
ボードのセンサーチップがなにかが重要になります。

センサーチップ

EPIA M 等のサウス・ブリッジがVIA VT8235の Mini-ITX メイン・ボード
ではセンサーチップは VT1211 になります。
(FREETECH P6F169 のサウス・ブリッジは VIA VT8235 ですが、センサーチップ
は Winbond W83697HF のようです。)

EPIA M 等には FliteDeck(MissionControl) と言うハードウェア・
モニタリング・ソフトが付属しています。しかしながら、このソフトは最近
の新しい BIOS では CPU 温度が表示されないようです。

ハードウェア・モニタリング・ソフト

ハードウェア・モニタリング用のフリーのソフトウェアとしては、
以下のようなものがあります。

  1. Motherboard Monitor MBM5 (Version 5.3.7.0)
      OS: Windows NT/2000/XP 

      URL:http://mbm.livewiredev.com/

      Windows では最も有名なソフトではないでしょうか。

      http://kkkon.hp.infoseek.co.jp/software/MoboMonitor/index.shtml
      によると、MBM 本体の開発は終了しているようです。
      Configuration Wizard からハードウェア・モニタリングする
      メイン・ボードを選択する形式です。
      EPIA-M(6000, 9000, 10000)がマザーボード・リストにあります。

  2. SpeedFan (Version 4.21)
      OS: Windows 9X/ME/NT/2000/2003/XP 

      URL: http://www.almico.com/speedfan.php

      SpeedFan 起動時にセンサーチップ等を自動で認識します。
      (EPIA M、ML では VT1211 を認識しています。)
      このソフトでは、モニタする項目のオフセット値をAdvanced タブで
      設定できるようになっています。
      MBM5 の開発が終了していることを考えると、今後のメインストリーム
      でしょうか?

  3. Lm_sensors (Version 2.9.0)