Voyage Linux (Voyage MPD) では、無線LANドライバとして nl80211 がサポートされています。バージョン 0.8.0 から MadWifi ドライバは削除されました。ここでは、Voyage Linux (Voyage MPD)から無線LANアクセスポイント(WiFi ルータ等)に接続する方法を述べます。

Voyage Linux から接続する無線LANアクセスポイントの認証方式は、WPA-PSK、WPA2-PSK で、暗号方式は、TKIP、AES とします。ALIX.3D2 に無線LANカード  CM9-GP を挿します。

VoyageLinux-CM9-GP

VoyageLinux CM9-GP

 

lspci で無線LANカードを確認。

root@voyage:~# lspci | grep AR
00:0c.0 Ethernet controller: Atheros Communications Inc. Atheros AR5001X+ Wireless Network Adapter (rev 01)
lsmod でモジュールのロードを確認。
root@voyage:~# lsmod | grep ath
ath5k                 137138  0
ath                    10603  1 ath5k
mac80211              167142  1 ath5k
cfg80211              118631  3 ath5k,ath,mac80211

/etc/network/interfaces を編集します。

root@voyage:~# remountrw
root@voyage:~# vi /etc/network/interfaces

/etc/network/interfaces は以下のようにします。

# Used by ifup(8) and ifdown(8). See the interfaces(5) manpage or
# /usr/share/doc/ifupdown/examples for more information.
auto lo
iface lo inet loopback

##auto eth0
##iface eth0 inet dhcp

# mac80211-based drivers
auto wlan0
iface wlan0 inet dhcp

/etc/network/interfaces の編集が終わったら、再起動します。

再起動後、ifconfig 及び iwconfig で無線LANカードが立ち上がっていることを確認。

root@voyage:~# ifconfig
lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:44 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:44 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:3356 (3.2 KiB)  TX bytes:3356 (3.2 KiB)

wlan0     Link encap:Ethernet  HWaddr 90:a4:de:c7:53:6a
          UP BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 B)  TX bytes:0 (0.0 B)
root@voyage:~# iwconfig
lo        no wireless extensions.

wlan0     IEEE 802.11abg  ESSID:off/any
          Mode:Managed  Access Point: Not-Associated   Tx-Power=27 dBm
          Retry  long limit:7   RTS thr:off   Fragment thr:off
          Encryption key:off
          Power Management:off

eth0      no wireless extensions.

この時点では、Voyage Linux の無線LANカードが立ち上がっただけで無線LANアクセスポイントには接続していません。

無線LANアクセスポイントに接続する為に wpa_supplicant を使います。wpa_supplicant は、Voyage Linux(Voyage MPD)に既にインストールされています。

root@voyage:~# dpkg -l | grep wpa
ii  wpasupplicant                      0.7.3-4                           client support for WPA and WPA2 (IEEE 802.11i)

 

wpa_passphrase というコマンドで wpa_supplicant.conf ファイルを作ります。以下の ssid と pass は
無線LANアクセスポイント(WiFi ルータ等)の裏面などに書かれているSSID とパスフレーズ(暗号化キー)です。
root@voyage:~# remountrw
root@voyage:~# wpa_passphrase ssid pass >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf  は、以下のようになっているはずです。

network={
        ssid="wpa_passphrase で入力したssid"
        #psk="wpa_passphrase で入力したパスフレーズ"
        psk=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
}

次に、/etc/network/interfaces を編集します。

iface wlan0 inet dhcp

の次の行に

wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

を追加し再起動します。
これで大抵の無線LANアクセスポイント(WiFi ルータ等)に繋がると思います。


参考URL

wpa_supplicant.conf マニュアル

Linuxで無線LAN (ゆうちくりんの忘却禄)

Debian で WPA で無線LAN – 地潜の日記